冬の佐久平

IMG_8994
冬の佐久平は、痛い、、そんな表現をご近所さんより教えられたのは、完全に移住する前の年でした。
当時は、週末だけ佐久平で過ごしていたのですが、それでも日々寒い、、という感覚がありました。

そして、昨年から今年にかけて、佐久平での冬の日常を味わいましたが、なんとも身体というものは、環境に慣れると言いますか、仕事で東京に移動すると、東京が暖かく感じられるくらいに佐久平の日々の痛いほどの寒さに慣れてしまったようなのです。

日本人は、屋根を支える柱梁と建具が構成する住まい環境の中で、内と外をつなげたり閉じたりしながら、30度程の気温変化の中で生活をしてきました。
それは、1年、12ヶ月の中で常に、気温変化に対し体が環境に適応しながらの生活でした。
だから、暑くなったら、風を通したり水をまいて身体の周りの温度を下げたり、食べ物によって身体を冷やす工夫をしてきました。
反対に、寒さに対しては、風を遮断し、四肢の元を温め、手のひらや足先を火に炙り暖を取る。そして、食べ物によって身体を冷やさない生活をしてました。
こういった生活のマイナス部分をプラスに転じる日々の工夫は、人々の身体を通して、知恵となり受け継がれ、変化する環境に対し、寄り添う事で、環境に慣れる身体作りが出来て来たのだと思います。

現代では、エアコンや高気密住宅が、年間を通して一定の快適環境を提供し、コンビニやマーケットが、食材から何でもそろえ、24時間サービス提供をしているので、特に何も工夫せずとも、年中何となく快適に過ごせてしまいます。
それは、自分で生きているのとはちょっと違って、作られた環境に生かされている日々だと思っていました。

佐久平に移住した理由のひとつに「四季がハッキリとしている」ということがありました。
ハッキリとした四季の中で、自然とどう対峙するか?どのように対応し生きていくか?こういったことが身体に心地よい負荷を与え、生きていく為の知識と、そこから生じる知恵を自身の身体を通して日々の生活を積み重ねていくことで、より表現の幅が広がるのではないか?という思いで過ごしています。
表現とは、自身の内部から生じ、内部の経験を元に判断、決断を行う事で、より独創的な今までにない伝達方法が形に成るものだと思っています。
ですから、絵画や彫刻、音楽や映画、文章やデザイン、建築でもそういった独創的な伝達方法の模索が、日々と直結しており、常に肌で感じ、自身の頭で考えること、、それを続ける日常こそが、今の僕の目標だと思ってます。
もちろん、日々様々な方々に出会い、会話をし、、いろいろな影響を受けることもとても大切です。
ですので、この佐久平のハッキリとした四季の環境と、東京と行き来出来る距離。偶然から手に入れた日々が本当に大切な毎日となっているのです。

ですので、冬の佐久平という環境は、夏以上に、大きな糧を与えてくれているのです。

夏の佐久市

IMG_1361
2017年が明けて10日間が過ぎました。そろそろ休みボケから脱し、仕事に取り掛からないといけない日々でございます。
昨年末からの年末年始は、娘が生まれてから初めての、家族一緒のんびりとした数日間を過ごせました。
初の冬の佐久平を過ごし、その事を書かなければならないのですが、冬を語るには、まず夏を語らないと始まらないことに気がつき、時期逆転の先ずは、「夏の佐久平」です。

夏の佐久平は、本当に過ごしやすく、我が家の周辺には、水田が広がり、蛙が大発生するので、おそらく、ボウフラの段階から蚊が根絶やしにされるのか、ひと夏で、蚊に遭遇したのは、なんと2回ほど。
ベープマットや蚊取り線香など東京から持ってきたアイテムも活躍する事なく納戸に仕舞ったままとなりました。
そして、浅間山、蓼科山を眺望する事ができる開けた地形に吹く風と、周囲の水田によってとても過ごしやすい環境が作られます。
気温は、佐久平駅周辺よりも1〜2度程涼しくなります。

ペット可の戸建賃貸物件、、
そんな物件が殆どない長野県で、奇跡的にも偶然に見つけた物件でしたので、即決でした。
我が家は、以前水田だった場所を農地転用し、12棟の庭付き戸建住宅が建設された集落の北東の一番端を賃借しました。
道路沿いの角地で、道行く人々が我が家の食卓から見えるので、窓越しにご挨拶など交わせるとても素敵な環境です。

この12棟には、東京からの移住者が我が家を含め4世帯。
東京からの別荘として週末に来られるご家族が1世帯。
ご夫婦で、東京と佐久平を毎日行き来されているご家族が1世帯。
元々長野県内にお住いのご家族が5世帯。
特に、東京からの方々に移住当初からお世話になり、その後もずっと仲良くしていただいております。
そんな移住組の方々は、我が家を除いてご高齢のご夫婦です。
お仕事を退職され、その後の人生を好きな事など行いながら佐久市で過ごされております。
一年を通して、本当に夏と冬が全く違ったライフスタイルになる環境なのだと感じることになるのは、このご高齢の方々によるモノが大きかったです。

夏場は、周囲の方々と本当に密にご一緒させていただきました。
畑や、菜園など日常の情報共有から、食材の交換、バーベキューなど含めて、とてもアクティブです。
バーベキューでは、車で20分ほどの田中駅付近にあるお肉屋さんに食材を買いに行きます。まとめて買うととても安く、しかもとても美味しいお肉が取り揃っています。

庭もそれぞれが塀などで囲われているわけではないので、とても緩やかに繋がっており、誰かがバーベキューをしていると、何となくお酒や食材を持って参加ができるような、、集落全体がひとつの家族のような繋がりが感じられます。

周囲は、心地よい風が緩やかに流れる、本当にのどかな夏場を過ごすことができました。
こんな状態が、5月末から9月末頃まで続くのです。
さて、正反対ながらも何とも味のある冬場の生活に関しては、また改めて。。

MacBookAir13

IMG_8218
仕事は、ほぼMacBookAir13とiPadPro9.7で完結します。
以前は、MacBookPro15を持って出張などしておりましたが、日々肩こりに悩まされていました。
今では、MacBookAir13でCAD図面も描くし、3Dデータも作ります。メールの送受信、Adobe系のソフトでのグラフィックワーク、ExcelやKeynoteなどプレゼンテーションまで全てこの1台+iPadPro9.7です。
現在使用しているのは、3年選手。
今年の初めに出張先でしこたま呑んで不覚にもMacBookAirにも焼酎を飲ませてしまい、大惨事になりましたが、そこはiCloudのおかげにて、仕事のデータは、ほぼバックアップが取れていたので、修理中は、以前に使っていたMacBookProで作業し、修理があがるとクラウドでシステムから仕事データまで全てを取り戻し直ぐに通常の業務を継続する事が出来ました。
本当にすごい時代になったものです。

佐久の冬支度

IMG_9731
佐久平に移住して、早9ヶ月が経ちました。
ここ数日、浅間山の雪も段々と根が張って来ました。

この時期は、冬に向けて準備を…などと言っているようでは既に遅く、車のタイヤはスタッドレスに替え、庭の草木もコモを巻いたり、藁で防寒したり、室内ではストーブを出したり衣替えをしたりと、、何かと、するべき事が、11月の頭頃から始まってきます。

さて、スタッドレスタイヤですが、早めに履き替えないと本気で死にます。雪は少ないのですが、朝夕の路面凍結、、これが恐ろしいのです。
そして防寒具、、東京での寒さ対策とは、全く違います。
ちなみに、長靴ですが、安易な靴下だけで長靴を履くと、つま先がジンジンとした痛みを生じ、骨の芯から打撃を受けます。
佐久の冬は、痛い!これは、ご近所さんからのお言葉でしたが、最近は、本当に痛感しています。

年間通して出張が多いのですが、今冬の主な出張先は、、、北海道室蘭市、福島県郡山市、、それに東京と、北のほうの出張がが多く、北から東京に戻ったり、佐久平から東京へ出ると、かなり暖かく感じています。

基本は、最低限の暖が取れる服装にし、インナーやアウターをひとつプラスする事で解決するような状態を作る事が大切ですね。

服装に関しては、また改めて別の機会にまとめようと思ってます。

干し柿

IMG_7864
これも、佐久平に移住しなければ全く縁遠かった事です。
ご近所さんから渋柿をいただき、作り方を教わってのチャレンジでした。
一昨日、ひとつ食べてみましたが、干し芋にも似た素朴な甘みがとても優しく、なんとも冬の訪れを感じられる味となりました。
現在出張中なので、出来上がった干し柿の画像は、また改めて。。

その土地で獲れたものを、その土地で、、

IMG_1989.jpgその土地で穫れたものを、その土地で食べる…。
そんな簡単な事がなかなかできませんでした。

東京での住まいは、2世帯住宅を設計し住んでおりました。
1階部分を、土地に対して可能な限りマックスな面積を取り(間口6m×奥行18m)横の移動を基本とする事で、車椅子動線や介助、介護のしやすい間取りにし、両親と障害を持つ兄が住みます。
2階3階部は、我々家族が住まい、1階の半分の面積(間口3m×奥行15m)を縦につなぎ、縦型2層のワンルームにする事で、住宅密集地を少しでも緩和し、近隣住居や目の前の幅4mを切る…いわゆる2項道路に対し、風や光が抜ける構成に設計しました。
その2階部の広場スペース(間口3m×奥行18m)では、プランターで野菜など育てていたものの、気持ちもあまり乗らずせいぜいプチトマト程度の試みでした。

佐久平での住まいは、木造2階建の戸建賃貸。庭付きです。浅間山と蓼科山と両方が見える位置にあり、周囲は田が広がっているとてものどかなロケーションです。
庭が広いので、3月の移住から様々な野菜を育ててきました。
プチトマト、ナス、ピーマン、ゴーヤ、ネギ、オクラ、大根、キャベツ、キュウリ
プチトマトやピーマン、ナスなど未だに収穫できます。

また、車で20分のところの大きな畑を借りました。
こちらは、200坪で年間5千円。ものすごくお得です。すぐに契約したのですが、仕事が東京との行き来もあり、後々大変な思いをする事になりました。
とにかく夏場は、雑草が生えてきます。尋常じゃないくらい生えてきます。ですので、野菜を育てる時間より草刈りをする時間の方が遥かに掛かってしまいます。
最初の頃は、混合ガソリンで動く草刈り機を購入し、楽しんで草刈りをしていたのですが、、だんだんと嫌気がさしてきます。
1週間も草刈りをしないと、さあ大変。。
3週間で、腰のあたりまで雑草で埋まり、1ヶ月も放置すると身長程度まで伸びる雑草も現れます。

結局、200坪のうち、2坪程度で、、ジャガイモ、ニンジン、オクラ、トウモロコシを植えたのみ。しかもトウモロコシに至っては、あと1週間で収穫となったその隙に、何者かによって…おそらくハクビシンか狸です…全滅させられてしまいました。

農業を舐めてました。。ホントウに。。。。
しかしながら草刈りに行くのに車で30分は、本当に辛くなってきます。。
これもいい勉強になったと、来春からは、近所のもっと小さな畑を借りられるよう近所の方にお願いをしました。

そして、キチンと、植える野菜も計画立てて取り組む事が大事ですね。。いや、何事にもあたりますが。。。

ただ、佐久平に移住し、その土地で穫れたものを、その土地で食べる…という事への取組みができた事、様々な事が勉強になり、来年につながった事、本当に大きな事です。

4月〜7月の移動生活

IMG_4915
一年のうち4月〜7月の4ヶ月間は、東京の大学で非常勤講師をしています。
そんな4ヶ月は、基本的に月曜日の16:00頃に東京入りします。
佐久平を出るのは、12時過ぎです。
新幹線や、、大抵は、高速バスですが、当日の授業のストーリーの見直しや、簡単な書物などと、iPadProで映画を観ることも多々あります。

バスタ新宿に到着し、直ぐ脇の新線新宿駅から都営新宿線で神保町駅に移動します。
新線新宿駅から神保町駅までおよそ10分ですのであっという間に到着します。
17:00から18:30まで共立女子大学で授業を行い、その後、会食やMTGがある場合は都内を移動し、最終的には都内のビジネスホテルに落ち着きます。最近は、五反田にとても具合のよいカプセルホテルを見つけました。
カプセルホテルが苦手な方はよく聞きますが、昨今は、非常に居心地のよいところも増えています。

火曜日の朝は、2週間に1回の母の病院付き添いがありますので、宿泊先から品川区の実家まで移動します。
宿泊先が、五反田や馬込の場合は、歩いて移動します。だいたい30分程度です。
以前は、都内でもタクシーをよく活用していましたが、最近は、本当によく歩くようになりました。
タクシーは、全くと言っていいほど乗らなくなりました。
よっぽど朝夕のラッシュ時にはタクシーを活用することもありますが。。それくらい電車のラッシュが嫌いなのです。。
話は逸れましたが、母が診察を受けている間は、西小山駅のユーロカフェで朝食を取りながらiPadProでメールチェックや書物を行います。
先日ユーロカフェに行ったのですが、すでに閉店していました。寂しいものです。

母を自宅に送り届けたらそこから通常は、都内のファミレスで仕事をします。
病院がない週は、ホテルで11時頃まで仕事をし、その後ランチに出てそのまま事務所に移動です。
ファミレスでは、大抵、12時半頃まで仕事とランチをしてから早稲田の事務所に移動します。
主に、図面やスケッチ、当日午後のMTGの事前準備などおこなっています。

早稲田の事務所では、ほとんどMTGで時間が過ぎます。
事前にアポイント頂いている方々が約1時間区切りでいらっしゃいます。だいたい13:00ころから17:00ころまで。

その後、MTGの事後整理を行い、会食がある場合は、そのまま会食会場へ移動、無い場合は、一旦ホテルに戻ります。
予定が無い場合は、ホテルで20時頃まで仕事をし、夕食に出ます。
大抵馴染みの居酒屋などでビール×1、日本酒2合と簡単なあてで夕食を済ませます。
ホテルに戻り、シャワーを浴びて21時半頃には寝てしまいます。
翌朝は、忙しい時は2時頃、通常は4時頃目覚め、7時頃まで仕事をしています。大抵この時間は、スケッチや図面、文章書きなど1日のうちでいちばんクリエイティブなアウトプットをする時間となります。
7時過ぎにシャワーを浴びたり着替えたりしホテルの朝食をいただくのが7時半から8時。
その後、MTGがある場合は、都内を移動。無い場合は、チェックアウトの11時まで仕事ををしています。